将来の夢を実現できる学力を身につける。


社会に通用する礼儀とマナーを身につける。



本物の学力と社会性を育てる

ノーベル学習館館長の西川です。

 ノーベル学習館は地域の一員として子どもたちの「学力の向上」と「社会性の育成」に取り組み50年が過ぎました。兄弟姉妹・親子2代で通塾していただくことが多く、今日まで地域の方々に育てていただいたことに本当に感謝しています。ありがとうございます。少子化と近年の厳しい経済状況の折に、子どもたちと共に学び共に育つ機会を与えていただけることに幸せを感じるとともに身の引き締まる思いです。
 子どもたちは皆、思春期・反抗期に様々な葛藤や悩みを抱えながら、それを乗り越えて受験・就職というハードルに立ち向かいます。そして、この受験・就職というハードルが子ども達を成長させます。塾では「学校と仕事に上下はない。自ら選択した行きたい学校に行き、やりたい仕事で社会に貢献しよう!」と繰り返し語りかけます。しかし、これはたやすいことではありません。実現するためには、身を律すること(自律)から始まり、学力と社会性を身に付け、将来社会で独り立ちすること(自立)が必要となります。よって、努力を怠る才能の出し惜しみや、ルール・マナーが守れない場合には厳しく指導しますが、子どもたちはそれを素直に受け入れてくれます。
 最後に、子どもたちは「家庭」と「学校」と「地域」で育ちます。「家庭」では、子どもたちは人生の道しるべとしてお父さん、お母さん、おじいさん、おばあさんの後姿を追っています。「学校」では、授業を真剣に受けることが大切で、多くの仲間と切磋琢磨しながら成長していきます。「地域」では、色々な活動や多くの人々との関わりの中で、たくさんの経験を積んでいきます。微力ではありますが、ノーベル学習館はこれからも地域の一員として職員一丸となり、子どもたちの学力の向上と社会性の育成に全力で取り組みます。そして、三位一体となって子育てのお手伝いができるよう、ありったけの愛情で子どもたちと真正面から向き合い、共に学び共に育っていきます。そのために「学力の土台となる学習姿勢の定着と静かに集中する授業」を、そして、「子どもたちが自らの才能を磨く努力を続けるためのコーチング」を実践していくことをお約束します。


館長 西川敏博

Designed by CSS.Design Sample